プログラム工房ひできくんは、Excel作業の煩わしさを解消するプログラム作成サービスを提供する個人事業所です。初回プログラム作成は無料です。ウェブシステムも構築いたします。
拠点は秩父市にあり活動範囲は埼玉県、東京都ですが、他県の方もご相談ください。
 
 ホーム  こんな方へ  工房情報  サンプル  料金設定  受注規定  納品までの流れ  お問い合わせ
 Web開発  ブログ自動投稿  エンジニア紹介
 

  工房情報

   

   このページには「プログラム工房ひできくん」の最新の情報を掲載します

   最新の記事 : 2011-10-01 Web開発のページを追加しました 

記事リスト 記事内容

 2011-10-01 : Web開発のページを追加しました

「プログラム工房ひできくん」は、「ウェブシステム」の構築もお受けすることとしましたので、その紹介ページを追加いたしました。(こちらです)

無料で提供される Microsoft社の Visual Web Developer で作成いたしますので、インフラストラクチャへの投資が少なくて済みます。( Visual Studio にも対応できます。)
  ○ ゼロからのウェブシステム構築
  ○ ウェブシステムの部分ページの作成
  ○ 旧システムからのウェブシステムへの移行
など、お引き受けいたします。

画面トップに戻る


 2011-09-19 : ホームページを少し改訂しました

(1) 「こんな方へ」 のページを追加しました。

  ○ 「今のデータ作業、自動にならないの」 と感じている方へ

  ○ 「インターネットのデータ、もっと使いたい」 と感じている方へ

  ○ 「データベースをもっと活用したい」 と感じている方へ

メッセージを載せました。


(2) 料金を小改訂いたしました。

  ○ 初回で依頼される案件が1件のみの場合の料金割引を規定しました。

画面トップに戻る


 2011-05-29 : サンプルプログラム紹介の動画を追加しました

Excelを使ったプログラムとはどういうものなのか、どんなことができるのか、を知っていただきたく、サンプルプログラムを紹介するページ(こちらです)に、サンプルプログラム紹介の動画を追加しました。
是非、ご覧になって、その良さをご確認ください。

 ↓↓↓ 動画はこちらからもご覧になれます

sample1

サンプル1(約1.5分)

sample1

サンプル2(約3分)

画面トップに戻る


 2011-05-24 : 秩父商工会議所に入会しました

普段、なにげなく使っていて成り立っていると思われるExcelの作業ですが、実は大きな業務効率改善の余地がある場合がかなりあります。この事実をより多くの方々に知っていただくためには地域により密着する必要がある、と考え秩父商工会議所に入会しました。


秩父商工会議所の会員の皆様、よろしくお願いいたします。

また、他地域の皆様、引き続きよろしくお願いいたします。

画面トップに戻る


 2011-05-22 : 受注規定を掲載しました

秘密契約書およびソフトウェア開発委託契約書を取り交わす代わりとしまして受注規定 を掲載しました。  (詳細はこちらをご覧ください)
ご発注いただきますと自動的にこの「受注規定」を了承されたものとさせていただきましたので、ご発注の際は必ずここをご確認くださるようよろしくお願いいたします。

なお、お客様のご要望によりましては、別途秘密契約・ソフトウェア開発委託契約を文書で取り交わすこともいたします。

画面トップに戻る


 2011-05-19 : 料金設定をより具体的に改訂しました

なるべく料金を具体的に設定できるようにプログラム作成料金を
    時間当たり単価 → プログラム作成の工程(ステップ)数あたり単価
に改訂しました。  (詳細はこちらをご覧ください)

サンプルプログラムの料金計算も載せましたのでよりご納得いただけるようになったものと思います。

画面トップに戻る


 2011-05-19 : サンプルプログラムを掲載しました

なるべく多くの方々に、Excelを使ったプログラムとはどういうものなのか、どんなことができるのか、などを知っていただきたく、サンプルプログラムを紹介するページを追加いたしました。(こちらです)
サンプルプログラムはダウンロードできますので、是非、ご自分でプログラムを実行してみて、その良さをご確認ください。

 ↓↓↓ サンプルプログラムはこちらからもダウンロードできます

 サンプルプログラム

画面トップに戻る


 2011-05-10 (2011-05-11改訂): ブログ自動投稿の紹介ページを追加しました

「プログラム工房ひできくん」は、「ブログへの自動投稿」プログラム作成もお受けすることとしましたので、その紹介ページを追加いたしました。(こちらです)
皆様が普段お使いになる Excel で作成いたしますので、なじみやすく、扱いの楽なものとしてお使いいただけます・・・、などの説明を載せております。

画面トップに戻る


 2011-05-02 : 最初の仕事はブログ自動投稿プログラム作成でした

最初にいただいたお仕事は、「Excel VBAによるブログへの記事の書き込みを自動で行うプログラムの作成」でした。出来栄えは、依頼者様より「非常にスムーズな動きで、大変驚きました」とのコメントをいただくほどでした。が、「エラー回避」の部分で苦労しました

<VBAでIEを扱う場合のエラー回避方法について>

(1) IEの処理を待つ

VBAでIEを扱う場合、プログラムコードは正しく書けていても、IEの処理を待つ記述を入れないとうまく動かない、というのは良く知られています。 VBAでIEにクリック動作などをさせた後、一般には次のコードを追加しIEの処理を待ちます。

  Do While objIE.Busy = True
   DoEvents
  Loop
  Do While objIE.document.readyState <> "complete"
   DoEvents
  Loop

(2) VBAの処理を待つ

しかし、IEの処理を待つだけだと、おおむねエラーは出なくなるものの、ときどき次のようなエラーメッセージが出て悩まされたりします。


  実行時エラー'91'
  オブジェクト変数またはwithブロック変数が設定されていません


よく観察してみると、これはあくまでも処理待ちの問題であると推察できます。また、IEのウィンドウの切り替え後に起きる問題ようです。 が、IEの処理待ちのコードはもう入っています・・・?

そこで、該当するウィンドウの切り替え処理の後に次の、VBAの処理を待つコードを追加してみたところ、旨くエラーを回避することができました。

  Application.Wait (Now + TimeValue("0:00:5")) '←5秒待ち

ただし、場面によっては5秒待ちでは足りないことがあり、12秒待ちとした所もあります。

(3) オブジェクトセットが切り離された時は・・・

記事の書き込みを自動で何度も繰り返しているときに、オブジェクトにセットしたウィンドウが切り離されて無効になってしまうエラーがありました。何かの設定時間が切れたようでした。これは、VBAのエラー処理で解決できました。具体的には、(1)のIE処理待ちにこのエラー回避を含めたプロシージャを作りましたので、記載しておきます。ご参考まで。

 Function ie_wait(objIE As Object)
 ' ===================
 ' IEの状態待ち
 ' ===================
  Dim icc As Integer
  Dim xShell As Object
  Dim win_s As Boolean
 ' 切り離されている場合はエラー処理する
  On Error GoTo 1000
 ' 通常のIEの状態待ち
  Do While objIE.Busy = True
   DoEvents
  Loop
  Do While objIE.document.readyState <> "complete"
   DoEvents
  Loop
  icc = 1
 1000:
 ' エラーの場合
  If icc = 0 Then
   Set xShell = CreateObject("Shell.Application")
   win_s = False

   For Each Window In xShell.Windows
    If TypeName(Window.document) = "HTMLDocument" Then
     If Window.document.URL Like "*AAAAA*" Then
      Set objIE = Window
      win_s = True
     End If
    End If
   Next
 ' 再度のIEの状態待ち
   Do While objIE.Busy = True
    DoEvents
   Loop
   Do While objIE.document.readyState <> "complete"
    DoEvents
   Loop
  End If
 End Function

今後も「プログラム工房ひできくん」は、今回の「ブログへの自動投稿」のような、VBAでIEを扱うお仕事も受けさせていただければ、と考え ておりす。よろしくお願いいたします。

画面トップに戻る


 2011-04-25 : 開業しました・・・

ほぼ一ヶ月間準備をすすめてきましたが、開業はあっという間でした。税務署に紙切れ一枚を提出するだけでよかったんです ね。ここに謹んでご挨拶させていただきます。

<起業に際しまして>

このたび個人事業「プログラム工房ひできくん」を起業いたしました、山口と申します。
私が定年退職しましてからすでに1年4ヶ月が経ちました。 在職中は、ホイールローダの設計(11年)、二輪車の強度解析(16年)、商品企画(4年)、コンピュータ部門(4年)、知財部門(定年後1年)といろいろな経験をさせていただきました。
この間、私は常にコンピュータを自分の道具としてきましたが、この経験を通して次のようなことに思い至りました。
それは、世の中は、コンピュータ技術が著しく進化していろいろなサービスが存在しその専門家がいたりするが、現場で実務を担当されている方々はその恩恵を本当には享受されてはいないのではないか、ということです。特に、Excelを使って定常的な作業をされる機会のある方々は、かゆい所に手が届かない想いでいるのではないか、と推察しております。

Excelの機能はすばらしくほとんど何でもできます。
企業様では一般に、ライフラインというべき総務・会計・物流、果ては研究・設計に至るまで基幹のシステムは、専門のエンジニアの方々が専門のアプリケーションや言語を用いて日々管理運用していることと思います。
これに対し、企業様の現場で具体的な業務を担われている方々は、業務に欠かせないデータ収集・集計・分析・まとめといった一連の作業を、独自に標準化・システム化し運用されていることと思います。
ここで最も良く使われているのがExcelです。Excelの持つ豊富な表計算機能を手順に使っていけば目的の作業はほぼ完璧にこなせます。ここでマクロやVBAを持ち出すことは意味がないくらいかもしれません。そしてこの一連の作業を標準化し定期的・定常的に使っておられる。

しかし、ここで次のような問題が表面化してきているのではないでしょうか。
 1.毎回同じ作業なので気合が入らず時間がかかる
 2.手順通り作業をしてはいるがミスのチェックは欠かせない
 3.担当者が変わるたびに手順を伝えるのが大変
これらは放っておいても構わない小さな問題かもしれません。
しかし、ミスが発覚せずに残ってしまう、一回一回は大した工数ではないが累積すると大きな無駄になる、ということも現実に起きています。このような場合は早急に解決しなければなりません。

これを解決するのはやはりプログラムによる自動化です。これによってミスの余地はなくなり、工数は大幅に削減されます。担当者の方々はExcel業務の煩わしさから解放され、空いた時間でより有効な業務に専念できるようになります。
ただし、プログラムによる自動化には次のようなリスクがあります。
 1.担当者が仕事の意味を理解しなくなる
 2.プログラム自身にミスがあっても担当者が気付かない
私はプログラムはこういったリスクをも回避する形で作られるべき、と考えています。

今回起業いたしました「プログラム工房ひできくん」は、このリスク回避のご相談も含めたプログラムによる自動化のお手伝いをさせていただくことを業務の柱といたします。またプログラム作成の前段階である データの集計・分析・まとめ の効率アップのお手伝いもさせていただきます。お気軽に声をおかけくだされば幸いです。

画面トップに戻る


プログラム工房ひできくん
〒368-0002 埼玉県秩父市栃谷108
Tel(0494-26-5688)
URL http://www.hidekikun.com/
E-mail info@hidekikun.com

Copyright © 2011 プログラム工房ひできくん All rights reserved.
by Excel VBAプログラム作成サービス